Menu

分身トゥルパをつくって次元を超える

Art direction, Book, Graphic design

分身トゥルパをつくって次元を超える

装丁を担当しました。
達磨大師と空海はほんとうは何をしていたのか?人間は別次元に不死の身体をつくることはできるのか?日本における神秘哲学研究の第一人者がたどり着いた分身トゥルパの秘密即身仏の謎がいま解かれる。(紹介文より)

装丁について
この世界で気づきに達した人(頂上または境界のモチーフ)が、段階を経て精神(意識)が肉体に依存しない領域に脱皮するといったイメージで、一部作画した素材を組み合わせて制作しました。
この本は、いろいろな考え方や知識が凝縮されていて、いまだ僕の頭では半分も理解できていません。まずはマカバの瞑想から始めます。

Piton ink
共有

This is a unique website which will require a more modern browser to work!

Please upgrade today!