よむとつくる ワークショップ vol.2

ワークショップ第2回目を昨年12月に開催しました。
テーマは「そうじ」。

年末のお母さんは家族と楽しく過ごす準備で大忙し。

そんなお母さんのお手伝いをするために、一振り一振りでおかあさんが癒される魔法の「ほうきはたき」を作ることにしました。

 

まず、絵本『ぐりとぐらのおおそうじ』を読んでそうじをすることに興味を持ってもらいます。

そして、掃除の道具にはどんなものがあるのか、こども達に話をしながら紹介していきます。

掃除道具

そうじが解ってきたところで、制作開始です!

はたきの棒は、公園落ちていた木の枝を使うことにしました。

はたきの部分は色とりどりの古布を用意して、子どもとおかあさあんとで布用の糊をつけていきます。

お母さんはあくまでも子どもが一人でできるためのサポート役です。

_DSC6109

筆を使って糊をつけるのがとても楽しそう。

_DSC6110

集中してもくもくと一人でやっている子もいます。

最後は毛糸でしっかり布をしばって完成!

_DSC6112

出来上がったらみんな掃除をしたくて、はたきを持ってうろうろしだしたので、その場で少し掃除をすることに。

夢中になってワイワイとはたきで掃除を楽しみました。

これで年末のお家でもお母さんの役に立つこと間違いなしです。

 

ワークショップで大切にしていることのひとつに「つくる」過程でのお母さんとの「会話」があります。

一緒に作業をしながら、どんな柄の布を使おうか、完成したはたきを使っておうちのどこを掃除しようか、はたきのしまい場所はどこにしようか、などなど、つくると同時に発生する様々なコミュニケーションをとる楽しさがやる気の元になって欲しいと考えています。

そして、道具の意味や形、整理する楽しさ、お母さんの役に立ちたいという気持ちと、お母さんにありがとうと言ってもらう嬉しさなど、たくさんの感性を味わいながらこどもの世界が広がればいいなと思っています。

今年もこども達と一緒に読んで、つくり、話をする機会をできるだけたくさんやりたいと思います。

『よむとつくる』ワークショップに興味がある方はコンタクトからもしくは、
info@pitonink.com
にご連絡下さい。
簡単なワークショップのご案内をお送りいたします。

 

 

 


Comments ( 0 )

    Leave A Comment

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    CAPTCHA